Massteryとは?

商品データ、受発注データ、顧客データ・・・DXを推進していく上で必要なあらゆるデータが『整備されている』ことの重要性は年々高まっています。
Massteryは、フォーマットの統一、細かい独自の変換、差分情報の取得を自由に組み合わせることで、人手でしか対応できなかったデータ整備を自動化するデータクレンジングツールです。

Massteryを選ぶ3つの理由

データ整備の効率化

アップロードするだけ。
Massteryが自動でデータ整備を行うので、必要な作業工数の大幅削減が可能です。

業務の標準化が図れる

Massteryに整備をお任せ。誰でも作業可能。
整備方法も管理画面上にて一目瞭然なので、ブラックボックス化を防ぎます。

データ品質の維持

特定文言の抽出、不正データの検知、差分データ比較など、あらゆる変換を可能にする機能を揃えています。

Massteryの利用シーン

仕入れ先の商品データ整備

各メーカー・サプライヤごとに表記やデータ構造が異なる商品データがあっても、
Massteryにアップロードするだけで、貴社の求めるフォーマットに自動で整備します。
また、欠品情報の取得など業務に欠かせない機能もご利用いただけます。

カテゴリ情報の自動付与

今まで人手で分類していたカテゴリの付与作業は、担当者やタイミングによって分類する基準が異なったり、時間がかかったりしていました。Massteryでは、そんなカテゴリの付与作業を独自のモデルを用いて、素早く自動で行います。

組み合わせデータの整理

必要なデータ同士を組み合わせ、時には不足しているデータを作成し、ビジネス判断を行う企業が増えています。しかし、これら必要なデータは、まだまだ人手で整備されているのが現状です。Massteryでは、他システムとの連携やデータからデータを推測する技術を用いて、お客様のビジネス判断に貢献いたします。

Massteryでは上記以外のデータ整備も可能です。
「こんなデータの整備はできる?」など、お気軽にご相談ください。

Massteryの機能例

データのオートマッピング

カテゴリ情報の自動分類

カスタム変換を自由に追加可能

他システムとの連携

差分情報の取得

在宅でも操作可能なクラウド型のサービス

Massteryでは上記以外のデータ整備も可能です。
「こんなデータの整備はできる?」など、お気軽にご相談ください。