漢字にフリガナを振りたい

漢字にフリガナを振りたい

商品名のフリガナを表示したい

フリガナデータ例

社内の表記ルールや社内の印刷するシステムがカタカナしか対応していないという理由でフリガナを振るようなことがあります。

漢字にフリガナをふる

漢字にフリガナをふるにはPHONETIC関数を使います。PHONETIC関数の書式は、

PHONETIC(参照)

になります。

仮にフリガナをふりたいセルの位置がA1とします。

=PHONETIC(A1)

式の解説

第1引数

=PHONETIC(A1)

調べたいセルの位置を指定します。

補足

PHONETIC関数は、文字の変換情報がExcelに保持されていない場合、フリガナが表示されず漢字のまま表示されます。

その場合、フリガナをふりたいセルを選択し、Alt+Shift+↑キーを押し、フリガナを設定することで、フリガナ表示することができます。

漢字のままフリガナが振られない例

PHONETIC関数を実行しても漢字のままになっている。参照先のセルを選択してAlt+Shift+↑キーを押す。

Alt+Shift+↑キー実行時例

ルビを振られるような状態になり、音読みしたカタカナが表示された。Enterキーを押すか、異なるようであれば別の入力し、Enterキーを押す。ひらがなで入力してもカタカナに矯正されます。

フリガナを振られた例

入力した文字が関数を指定しているセルに反映されます。

Massteryで対応するとこうなる

MassteryでのPHONETIC関数指定例

指定内容

変換対象カラム
Massteryはフォーマットの項目単位で変換を指定しますので、出力ファイルの項目(列の名称)を指定します。
変換方法
変換対象カラムに値またはロジックを適用する「=」を指定します。
値または変換ロジック
PHONETIC(“品名”)

PHONETIC関数式の解説

Massteryでの書式は以下になります。

PHONETIC("参照先カラム名称")

引数は1つになります。

引数

PHONETIC("品名")

フリガナを表す元となる項目を指定します。カラム名称を指定する場合は、ダブルクォーテーションで囲います。

同じカテゴリの記事

お問い合わせ

Massteryのより詳しい情報、ご対面でのご案内をご希望の方は是非お問い合わせください。
下記のお問い合わせフォームよりお申し込み頂ければ担当の営業からご連絡いたします。

運営会社 フォルシア株式会社

Close Bitnami banner
Bitnami