不要なスペースを削除したい

不要なスペースを削除したい

余計なスペースが

ご提供頂くデータの中に、商品名を構成する文字の間にスペースが複数入っていたり、末尾にスペースが含まれていたりすることがあります。

余計なスペース混入例

※この記事では、文字間の半角スペースを「␣」全角スペースを「□」で表現しています。

システムがデータを結合する際に不要な文字をつけてしまったり、データを作成する際にコピーした元にスペースがついていたりなどが原因で起こります。

スペースを削除する

スペースを削除するにはTRIM(トリム)関数を使いますが、その前に削除されるスペースには条件があります。

  • 指定内容の先頭と末尾のスペースを削除
  • 文字列(または文字)間に複数あるスペースは先頭1つだけを残し削除

良いように削除されるような条件です。

TRIM関数の書式は、

TRIM(文字列)

になります。

文字列は参照位置も指定することができます。

仮にスペースを削除したい文字列があるセルの位置がA1とします。

=TRIM(A1)

TRIM関数が実行される際に仕様があります。

指定内容の先頭と末尾のスペースを削除

P3-20 ねじ P3-20 ねじ

文字列間に複数あるスペースは先頭1つだけを残し削除

P3-20␣␣ねじ P3-20␣ねじ

半角スペース・全角スペースと並んでいれば、残るのは全角スペースになります。

式の解説

引数

=TRIM(**A1**)

スペースを削除したい文字列があるセルの位置を指定します。

補足

不要なスペースが半角・全角でばらつきがある場合は、SUBSTITUTE関数やASC関数、JIS関数を組み合わせてスペースを半角または全角に変換してからTRIM関数が実行されるように式を構成すると効率が良いです。

組み合わせ例

=SUBSTITUTE(TRIM(A1),"␣","□")

引数に文字列を指定できる場合は、何かしらの関数を組み込むことができます。実行の順序は内側から実行されますので、例での実行順序は、 TRIM関数 → SUBSTITUTE関数 となり、スペースが削除され置換が行われます。

TRIM関数実行時 SUBSTITUTE関数実行時
P3-20␣␣ねじ P3-20␣ねじ P3-20□ねじ

Massteryで対応するとこうなる

Massteryには変換を行う際に、変換条件を指定して期待する出力結果とする機能があります。条件の指定にはエクセルのようにMasstery内で使用できる関数があり、不要なスペースの削除もエクセルと同じようにTRIM関数があります。

MassteryでのTRIM関数を指定する例

指定内容

変換対象カラム
Massteryはフォーマットの項目単位で変換を指定しますので、出力ファイルの項目(列の名称)を指定します。
変換方法
変換対象カラムに値またはロジックを適用する「=」を指定します。
値または変換ロジック
TRIM(“商品名”)

TRIM関数式の解説

Massteryでの書式は以下になります。

TRIM("変換対象カラム名称")

引数は1つになります。

第1引数

TRIM(**”商品名”**)

変換対象カラムで項目を指定していますが、第1引数においても同じく変換対象を指定します。カラム名称を指定する場合は、ダブルクォーテーションで囲います。

同じカテゴリの記事

お問い合わせ

Massteryのより詳しい情報、ご対面でのご案内をご希望の方は是非お問い合わせください。
下記のお問い合わせフォームよりお申し込み頂ければ担当の営業からご連絡いたします。

運営会社 フォルシア株式会社

Close Bitnami banner
Bitnami