不要なレコードの自動スキップ

Massteryには、コメント欄や先頭行のメーカーの電話番号など、商品とは関係のない情報の取り込みをスキップする機能がございます。

メーカーやサプライヤからもらったデータファイルで、先頭行などにメーカーの詳細情報や電話番号の記入が補足としてあったり、レコードにコメントの記入があったりしませんか?

普段の業務ですと、それらのデータを削除して、システムに取り込む必要があるかと思いますが、Massteryには、そのような情報を自動で感知し、それらの情報を取り込まないように制御する機能がございます。

先頭行をカラムとしてマッピングする必要もなく、自動でカラムを認識し、それらに応じてレコードを記述いたします。

不要なレコードの自動スキップ機能を活用することで、メーカーやサプライヤにもらったファイルもそのまま取り込み、業務の効率化を図ることができます。