物流業界ソリューション紹介2

倉庫で梱包作業をおこなっているとき、「取扱注意」や「天地無用」、「精密機器同梱」などのシールを都度貼る作業が発生していないでしょうか?

どうしてもシールを貼る作業は目検で商品を確認して人手で行っているケースが多いと思いますが、Massteryには、商品名や商品情報からAI(機械学習)を用いて、取扱いがセンシティブな商品を特定し、フラグとして付与することができるようになります。

このフラグをWMS(倉庫管理システム)と連携して、送り状に印字すれば、庫内業務の効率化が図れると思いますので、ぜひ関心のある方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。