複数フォーマットに出力

Massteryは、データを統合する機能の他に、それぞれの販売先ごとに対して、データを分割・変換する機能がございます。

販売先ごとで異なるフォーマットの商品データ提出が求められている際など、担当者が手作業で都度修正・加工する必要がありましたが、こちらの機能を使うことで、予めルールを設定し、アップロードするだけで必要なフォーマットに変換ができます

容量など細かい単位でレコードの変換ができますし、個別に商品名の英語訳が必要な際は、Massteryの自動翻訳機能を組み合わせることで、より顧客に応じたカスタマイズも可能となります。

また、外部データと連携する機能もあり、APIを介して、それぞれの企業へ自動連携することも可能です。

データを統合するだけではなく、データを複数フォーマットに出力することで、Massteryのハブ機能がお客様の生産性向上に大きく寄与いたします。また、属人的な対応とならず、チームに共有することで、全社で変換ルールを公開できることも強みの一つとなります。