第1章 Massteryの全体像

Massteryの概要

Massteryはデータ整備・データ管理・データ運用などの業務を一元的に行い、多くの人出が必要だったデータ整備を自動化できるサービスです。
下記でご案内している内容は一例ですので、お困り事がございましたらお問い合わせ下さい。

■Massteryでできること
 〇フォーマット統一
 〇カテゴリー自動分類
 〇お客様ごとの独自変換
 〇差分情報の取得
 〇基幹システムとの連携

■Massteryで解決できる課題
 〇複数の仕入先から提供されるデータをExcel(マクロ)を利用し自社フォーマットに変換している。
 〇データ整備の業務に利用しているExcel(マクロ)の仕様が属人化して、引き継げる人がいない。
 〇データ件数が数万~数十万件あり、ファイルの閲覧やデータ変換に時間が掛かっている。
 〇ECサイトの商品に手動でカテゴリを設定することに時間が掛かっている。
 〇基幹システムや管理ツールの項目を追加・拡張したいがコストがかかるため対応できていない。

—今までは—
仕入先ごとにバラバラのデータフォーマットを基幹システムなどに連携する為に、データ整備担当者が整備。

—これからは—
仕入先ごとにデータフォーマットが異なっても、Massteryにアップロードすることで、基幹連携可能なデータに自動変換。

Massteryの仕組み

データアップロードから変換完了までの手順をご紹介します。
※詳細は別の章にてご案内致します。

1.仕入先のデータをMassteryにアップロード
2.アップロードが完了したら、アップロードしたデータの仕入先を指定
3.Massteryがデータを読み込み、自動で自社フォーマットに変換
4.変換されたデータを独自ルールで変換したい場合は、変換設定を追加
以上がアップロードから変換までの大きな流れとなります。(以下は変換のイメージ)

機能概要

Massteryがどのような機能を備えているかご説明致します。

■フォーマット
 〇各仕入先からのバラバラなフォーマット形式を自社のフォーマット形式へ変換します。
  (アップロードデータはExcel・CSV・TSV様々なデータ形式に対応)
 〇追加したい項目を拡張できます。
 〇カタログ用、ECサイト用、取引先用など用途別フォーマットに出力できます。

■変換
 〇初期値設定
  ・必須項目などの値が必要なものに初期値を割り当てます。
 〇各種関数による設定
  ・文字の置換や、特定文字列の削除などは関数を利用し変換を行います。
 〇ファイル形式
  ・アップロードデータはExcelデータ、ダウンロードデータはCSVデータというように、
   提供元や基幹システムの制約に応じた形式での入出力が可能です。
 〇個別変換条件の登録
  ・あらかじめ登録している変換条件に当てはまらないケースを個別に登録できます。

■比較・抽出
 〇差分比較
  ・Massteryに保存されているデータと新たにアップロードされたデータを比較し、
   「新規データ」・「更新データ」の差分比較をします。
  ・更新項目を比較できるよう差分を画面に出力し、情報を把握することができます。
 〇確認項目の抽出
  ・あらかじめMassteryにアップロードデータの検知条件を登録しておくことで、
   提供データの不備や提供元への確認が必要な項目を自動で抽出することができます。
 〇カテゴリの自動抽出
  ・現行の商品データと所属しているカテゴリ情報をご提供いただくことで、機械学習の
   技術を用いて教師データ(正解データ)を作成します。
  ・新しく登録するデータがどのカテゴリに所属するか教師データをもとに判別し、
   自動抽出します。

■管理
 〇商品データ
  ・変換したデータをMasstery内に蓄積することができます。
  ・蓄積されたデータから新たにアップロードするデータを仕分けできます。
 〇出力フォーマット
  ・項目の追加や複数フォーマットへの仕分けなど自由度の高い設定が可能です。
 〇変換設定
  ・データ変換に必要な条件を、設定画面に一覧表示し、確認・登録・編集することができます。
 〇参照マスタ
  ・データを変換する際に参照する置換マスタやデータ参照用マスタを登録することができます。
   詳細なご説明はこちらです。(リンクを貼る予定)

前の記事

アカウント・ログイン

次の記事

第2章 Massteryの画面構成