データハブとしてのMasstery

Massteryには、データをきれいにするデータクレンジングの機能だけではなく、データハブとしての機能があります。

例えば、仕入先Aと仕入先Bのデータを統合して1つのデータを作る機能だけではなく、統合したデータを分割し、販売先Aと販売先Bごとに異なるフォーマットで出力する機能がございます。

仕入先、販売先ともに外部データ連携機能でつないでしまえば、自動で入力、出力が可能となり、データの加工業務の負荷が大幅に改善され、生産性向上に寄与します。

また、単に統合、分割するだけではなく、その変換処理にデータクレンジング機能を絡めることで、より一層データを保持する強みを発揮できます。例えば、統合したデータを販売実績の分析に活用したり、広告出稿などに活用できます。

データハブとしてMassteryを活用することで多くの業務改善が可能となります。

外部データ連携機能の記事は別でございますので、ご関心ございましたら、ぜひこちらもご一読いただけますと幸いです。