物流業界ソリューション紹介1

Massteryには、文字数の上限を決め、その上限に応じて商品名を自動で生成する機能がございます。

例えば、商品名が長すぎて、帳票の商品名が途中で切れてしまい、実際に検品するときにどの商品か分からなくなった。また、住所情報が長すぎて、送り状の文字が途中で切れてしまい、配達ができなくなってしまったことはないでしょうか?

このような紙で印刷したりする際に、どうしても文字数がボトルネックになってしまいます。

これらの課題を解決するために、元々ある商品名からAI(機械学習)を用いて、重要なワードを自動抽出し、上限が決められた文字数に対して最適な商品名を生成します。

○○文字 商品名自動生成

この機能を使えば、帳票において重要なワードが途中で切れてしまうことがなくなるので、検品を行う際で商品と突合で迷うことはなくなります。また、住所も途中で切れてしまうことがなくなりますので、最後のビル名の階数まできっちりと印字され、迷うことなく納品ができるようになります。

もちろん、上限の文字数を20文字、50文字・・・とお客様のご希望に合わせて設定が可能ですので、利用用途に応じた設定もできます。