不正レコードのチェック・削除機能

Massteryには、登録要件を満たさないカラムのレコードをチェック・削除する機能がございます。

具体的には、以下のような場合の時などに活用できます。

  • 特定の列が「数値でxx~yyの間の値のみ許容」、「文字列でxx文字からyy文字の値のみ許容」といった制約を満たす必要がある場合
  • 制約を満たさないレコードは抽出し、Massteryに登録しないようにしたい場

例えば、カラムの容量:100以上のレコードの登録を制約したい場合、Massteryで設定することで対象のレコードを削除します。

不正レコードをチェックする機能と不正レコードを削除する機能がございます。お客様のご利用状況に応じて使い分けが可能です。

特定の価格以上の商品を登録したくない場合や登録するDBに文字数の制約があり文字数をチェックしたい場合、0 or 1のフラグでそれ以外の数字や文字が入っていないかチェックしたい場合など、数多くの用途にご利用いただけます。