流通・小売業界ソリューション紹介

Massteryには、文字数の上限を決め、その上限に応じて商品名を自動で生成する機能がございます。

こちらの機能を応用し、スーパーなどのポップ生成やレシートなど帳票に印字される商品名を最適化します。

ポップや帳票は、どうしても紙で印刷が必要なので、文字数のボトルネックがあります。

これらの課題を解決するために、元々ある商品名からAI(機械学習)を用いて、重要なワードを自動抽出し、上限が決められた文字数に対して最適な商品名を生成します。

この機能を活用して、ポップを作成する工数の削減はもちろん、どの文字が重要で残す必要があるかを自動判別してもらえます。また、帳票の作成では、商品名が長いものは、途中見切れてしまっていたのが、印字上限数から最大限分かり易い名前に変換してもらえます。これらの機能を活用することで、考えたり、悩んだりする時間も削減でき、生産性を大幅に向上することが可能となります。

文字数の上限もお客様のご希望に応じて変更できますので、20文字、30文字、50文字など、印字できる幅に応じて変更が可能です。

他にもMassteryには物流業界向けのソリューション提案も行っておりますので、ご関心のある方はこちらもご一読いただけますと幸いです。